2006年01月29日

ネット証券の大手5社最高益 日経新聞より

ホーム > ネット証券 > この記事

2006年1月28日の日経新聞朝刊に、ネット証券の大手5社の業績が発表されたとありました。

信用取引の増加により、ネット証券の手数料収入が増加し、大幅な利益増加となったようです。

★ネット証券の業績
証券会社名営業収益純利益口座数
松井証券388億円141億円409,766
E*トレード証券 406億円107億円934,674
マネックス証券272億円91億円542,555
楽天証券209億円64億円454,125
カブドットコム証券140億円47億円336,423
※口座数は2005年12月末

とても、ネット証券は利益率がよいです。

ネット証券の中で、純利益がナンバーワンの松井証券にいたっては、営業収益に対する純利益が36.5%となっています。

これが、ネットビジネスの醍醐味なのでしょうね。

損益分岐点を超えてからの、利益率が非常によいです。

ライブドアショックの影響が出るかと思いましたが、一時的なものでしたので、来年度はさらにネット証券の業績はよくなると思います。

【関連記事】
ブックマークに追加する

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


人気のネット証券会社ランキング
Excerpt: 2006年1月28日の日経新聞に、「ネット証券 大手5社、全社最高益」という記事がありました。
Weblog: BOKU笑太郎のつぶやき
Tracked: 2006-01-29 16:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。